情報を得ることより、出そうとすることが重要(税理士編)

仲間に情報発信することで広がる可能性

実際にPDCA成長塾に参加されているロータックス法律会計事務所 代表弁護士・税理士 白木智巳先生にインタビューしました。
今回は成長塾に入塾した感想についてお聞きしました。

PDCA成長塾に入塾した感想はいかがですか?

PDCA成長塾では、グループの仲間が色々な計画を立てて、失敗したり、それなりに成果が出る様子をタイムリーに報告し合って、失敗や成功の理由や苦労した点などを質問できる事が、大変面白いです。
人の報告で自分の事務所に応用できないと感じたことでも、少し考えて、共通点が見いだせれば、それをヒントに事務所運営の改善点を見つけることができます。とにかく、聞いたことは即座に事務所の運営に何らかの形で取り入れて、やってみることが、大切だと思います。
素直に聞いて、あまり考えずに取り入れてやってみること、初めはうまくいきませんが、繰り返し改善すること、結果を報告して、情報提供いただいた仲間に感謝して、自分もより良い情報提供をするように心がけて、できるだけ仲間が成功するようにその場で知恵を絞れば、更にいい情報を得たり、その場で思いついたりできると思います。自分の情報提供で仲間に良い結果が出たときほどうれしいと感じることはありません。情報は得ようとするばかりではなく、出そうとすることの方が大切だと感じました。

強運起業塾へのお問い合わせ