第9回 困ったときに誰に相談するか?(社労士編)

社会保険労務士法人とうかいの久野勝也と申します。

第9回は困ったときに誰に相談するか?

困ったときに誰に相談するかですが、良く税理士、知り合いの経営者という声が上がりますがわたしの答えは“〇〇な経営者”です。

この“〇〇な経営者”について解説します。

まず、困ったときの相談相手に税理士に相談する人が多いですが、税理士はビジネスのことは分かっていますが経営のプロではありません。

良く何でもかんでも税理士に相談する経営者がいますが、その税理士が自ら創業して、人を何十人も雇用していれば経営のプロだと思いますがそうでなければ難しい試験に合格しただけの人で本当に経営の相談までは乗れないと思います。この点においては社労士も同じです。労働法のプロではありますが経営のプロではありません。

税理士、社労士は意見を聴く相手であって困ったときに経営を相談できる人は限られていると思っておいたほうが良いと思います。

では、“〇〇な経営者”に相談したほうが良いとはどんな経営者でしょうか?

わたしは業績を伸ばし続けている経営者に相談するのが良いと思います。業績を伸ばすために様々なチャレンジが必要になります。そして失敗がつきものです。業績を伸ばし続けている経営者は、経験値が抜きんでています。

わたしは運が良く起業時に業績を伸ばし続けている経営者と縁を持つことができました。今も悩んだときはその方に相談しています。

気をつけないといけないのは、経営者でもいろんな人がいます。経営者でも優秀でない人もたくさんいます。誰に相談するかをしっかりと見極めて、反対にその人からもらったアドバイスは素直に実践する。それが経営に困ったときの一番の良い方法だと思います。

久野勝也

masaya hisano

社会保険労務士法人とうかい 代表

プロフィール

大学卒業後、大手百貨店に入社。入社当時は本気で社長を志す。外商という富裕層向けの営業を担当し、知り合った経営者の役に立ちたいと考え起業を決意。2011年社会保険労務士事務所を開業。
お客様の人事労務の困りごとは何でも解決するというポリシーのもと、とうかい逆求人(新卒採用)、さいてき、ネットの履歴書などの新サービスを次々に展開している。
2019年(令和元年)5月1日より名古屋駅前に移転。顧問先300社以上に対して、労務支援を行っている。

社会保険労務士法人とうかい https://www.tokai-sr.jp/
【名古屋本社】愛知県名古屋市西区牛島町5-2 名駅TKビル5F
【多治見事務所】岐阜県多治見市太平町6丁目19番地 SMCビル2F

Profile Picture

強運起業塾へのお問い合わせ