独立開業の心構え

独立開業する動機は様々です。サラリーマンが嫌になった、上司とそりが合わないなどの現状逃避の理由から、小さいころからの夢、上場会社を作りたいなどの前向きな理由などがあります。いずれにしても、一旦、独立起業すれば簡単には後戻りはできません。

しかし、私は40年近くの間に多くの中小企業経営者を見てきましたが、独立開業の厳しさを理解している人が本当に少ないと感じています。サラリーマンより収入が増えそうだから、サラリーマンより自由だから、すべて自分で決められるからなどなどの魅力を感じて独立開業します。これらのことはある一面正しいですが、これらのメリットの裏側には大きな責任を伴っています。売上を上げる責任・資金を確保する責任・社員の雇用を守る責任などなどです。決して逃げることのできない責任です。そして、経営者以外絶対に果たせない責任です。これらを考えるとサラリーマンは何と楽だったかがわかるはずです。

私は決して、独立開業をするなといっているわけではありません。逆にドンドン独立開業して欲しいと思っています。しかし、安易な独立開業を戒めているのです。独立開業するのであれば、人の2倍働いて3倍稼ぐ、誰にも負けない努力を続ける、資金が無くなれば自宅を売ってでも資金確保する、社員の給料を払うためには自分の給料はゼロでも良い、売上を確保するためなら土下座など平気、ワークライフバランスなど戯言、誰にも負けないハードワーキング・ハードワーキングなどなど、強烈な覚悟を持って下さい。これらの覚悟が無いのであればサラリーマン生活を続けなさい。

 さて、一旦独立開業したならば、多少の障害に負けてはなりません。私は経営にとって解決できない問題は決してないと思っています。あるのは努力を放棄した諦めです。努力を放棄して諦めたときが独立開業の失敗が確定します。諦めずに努力を続ければ独立開業は必ず成功します。経営の手法は「打つ手は無限」なのです。

<今回のブログのまとめ>

独立開業心構え5か条

  1. 24時間すべてビジネス
  2. すべての財産を事業につぎ込む
  3. 売上を上げるためには手段を選ばない
  4. 頭と体で誰にも負けない努力
  5. 絶対に諦めない

曽根康正

<SMCグループ>
㈱SMCホールディングス SMC税理士法人
㈱会計ファクトリー ㈱SMC総研  ㈲セリアン
役員6名 60名(税理士11名、公認会計士1名、
中小企業診断士1名)

SMCグループ代表

プロフィール

昭和34年6月8日生まれ
昭和57年3月  慶應義塾大学卒業
昭和63年12月 監査法人トーマツ退社成
平元年1月  曽根公認会計士事務所開業
平成19年4月  SMC税理士法人設立
平成26年1月  SMCグループをホールディングス化
<名古屋本社>
〒450-0002 名古屋市中村区名駅南4-5-27 大一名駅ビル5F
       TEL 052-446-5626 FAX 0572-22-0694
<東京八重洲事務所>
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-8-2 八丁堀共同ビル502
       TEL 03-6280-3031 FAX 0572-22-0694
<多治見事務所>
〒507-0041 多治見市太平町6丁目19番地SMCビル1F
       TEL 0572-22-0626 FAX 0572-22-0694
<中津川事務所>
〒508-0033 中津川市栄町2丁目20番地丸山ビル2F
       TEL 0573-62-3435 FAX 0573-62-3427

Profile Picture

強運起業塾へのお問い合わせ